治療内容

歯科医

歯科での治療というと、歯を削る、あるいは歯を抜くというのがよく知られていますが、それだけではありません。
たとえば、歯を削った後、そのままにしておくわけにはいかないので、詰め物をします。
保険診療の場合、詰め物は削った歯が前歯の場合と奥歯の場合とでは材質が違います。
というのは、奥歯の場合だと、保険診療では白い詰め物を使うことが出来ないからです。
前歯であれば白い詰め物を使えるので、目立つことはありません。
また、歯の神経を抜くという治療も行われます。
虫歯が進行すると神経に達するので痛みが出てしまうわけですが、神経を抜くと痛みを感じなくなるので抜いてしまうわけです。
抜いた後は、もともと神経があった場所に薬を詰めます。

このように歯科で行われる治療はいろいろあるのですが、金額面で言うと、やはり高額になってしまうのは義歯を作って入れる治療です。
なので、ブリッジや入れ歯を作るとなった場合は、ある程度、お金を準備しておかないといけません。
もし、歯が一本なくなったのでブリッジをするとなった場合、トータルの治療費は5万円程度ぐらいになると考えておいた方がいいでしょう。
お金がほとんどかからない治療というと、親知らずの抜歯です。
他の歯を抜く治療に比べてなぜお金がかからないのかというと、抜いた後に義歯を入れる必要がないからです。
なので、抜くだけで終わるため安いのです。
抜いた後は痛み止めの薬を出してもらうので、薬代も入れると5000円前後と考えておくといいでしょう。